二胡の奏法・構造分析・改良・中国の琴行情報、広州・上海ネタなど
by Star Gate Erhu
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
タグ
カテゴリ
検索
弦の劣化 その5(錆について)
たまたま Maio-108 さん()で、錆の話をされてますんで、
錆に興味のあるかたは、参照願います。

で、二胡弦の錆のお話

これまでの元素分析の結果から、
外弦と内弦の芯は、鉄を主成分とした合金であることが判明しています。
混ぜ物としては、Cr(クロム),Ni(ニッケル)が多く、外弦と内弦の素材は
SUS(ステンレス)のカテゴリに属する物だと思われます。
「ステンレス」てぇのは、その名の通り「錆ない」です

※安~い(数元)の弦で、99%鉄ってのもありました。
 たしかあれは、油でギトギトにしてビニール袋に入ってました。
 守ってくれるものがないので、こうしているんでしょう。

一方、内弦の巻き線は、Ni、Cr、銀のどれかが使われています。
これらの金属は空気中で酸素反応(酸化)し、表面に酸化被膜を作り
内部に腐食などが進まない金属だと言われています。

どちらを取っても、二胡の弦は、錆ない、錆びにくい材質を使っている
はずですが、二胡の弦って錆ますよね

長時間お手入れをしていない弦は、錆てます。
タオルで拭くとゴリゴリと錆が取れます。(特に外弦)
二胡教室なんかで、二胡を買ってから、一度も弦の交換をしたことない、
お手入れもしてない人の弦はこんなだったりします。 

なんだかんだ言っても二胡弦は錆ます

手垢、手汗の塩分、マツヤニ(有機化合物)が長時間付着し、空気中の水分も
手伝ってジワジワと酸化が進むんでしょう。

酸化のメカニズムはともかく、
酸化し錆が発生すると何が問題なのか? を考えてみます。

1)不均一性の増加
  均一に錆びるわけじゃないでしょうから、弦の設計者が想定する
  均一さの範囲を超えてしまう。
  音質が変化する

2)強度の低下
  錆びているところの強度が低下することは容易に想像できますね。
  結果切れやすくなると思われます

3)質量の変化による、音質の変化
  酸化して、酸素がくっつく訳ですから、酸化で使われた酸素の分だけ
  単位長さあたりの弦の重さは変わります。

4)ノイズの発生、弓の痛み
  擦弦点付近で弦に錆があると
  錆のガリガリを弓が擦る事になります。
  これにより、
   弦が錆を擦る、期待されないノイズが発生する(のではないか?)
   錆のガリガリを擦ることにより、弓も痛む

5)弦がヤセる
 一旦錆びてしまった弦を、タオルとかで、ゴシゴシやって
 錆を落とすと、錆の元は弦の金属なので、弦そのものがヤセてしまいます
 ヤセる=細くなる。 それも均一ではない。
 これの弊害はもう説明するまでもありませんね。

ということで、弦が錆てしまうと、ろくな事は無いですね。

一方で、ちゃんとお手入れしていれば、
いい錆が被膜として生成され、弦を保護する役割を果たします。(たぶん)
SUSの中の Cr なんてのはそのための物ですし。

二胡を弾き終わったあとは、綺麗に手垢や手汗、マツヤニをふき取り
ジトジト湿気のある場所には保管しない。 ですね。

あのタオルで拭いたらついてくる黒い筋、錆ですよね?
錆じゃなくって、手垢とか、こびりついた松脂の酸化したもの、
ただの汚れって事ないですよねー。。。
by soukichi_uchida | 2010-04-20 23:04 | 二胡うんちく | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://soukichi.exblog.jp/tb/13183144
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Jimmy at 2010-04-21 20:00 x
なるほどですね。なんとなくそうなんだろうなとは思ってましたが、そういうことでね。それで弦の組成が錆びにくい金属だっていうのは初めて知りました。確かに、演奏後の手入れをしていると錆びません。色は変わってくるようですが。
普段弦の手入れと弾きやすさを求めてFingere Easeを愛用してますが、ある意味正解だったかもしれません。
Commented by Jimmy at 2010-04-21 20:52 x
もう一こ、
いろいろ分かってくると、次は交換時期ですね。どうなったら替え時かってことなんですが。。。あと何を以って交換と判断するかです。いつも聴いてると音の変化なんて私のような素人じゃわからなくなります。
Commented by nishino at 2010-04-21 22:09 x
弦の錆について、通常、ステンレスは、それ以上錆びません。というのは、もうすでに、安定した錆び膜が、表面を覆っています、あの光っているのが、ステンレスの錆びです。
弦が錆びているように見えるのは、空気中の鉄分が、ステンレスの表面に、静電気で付着し、その、立つ分が錆びるので、ステンレスにも錆びがつくという風に、思う方も多いようです、ステンレスも、その、素材構成によっては、非常に、鉄分を、付着させやすいものがあるようです。
Commented by soukichi_uchida at 2010-04-22 19:56
鉄を付着するんですかー、それは知りませんでした。 弦にこびりついた黒いのは、手垢とか松脂じゃ? とかおもったのは、あながち間違いじゃなかったんですね。 で、二胡弦はステンレスがベースとおもってたんですが、データを見返してみるとあまりステンレス使われてませんでした。 そのへんは次の記事で、、、
<< 蘇州在住の方の琴行情報が 弦の劣化 その4(内弦の延び) >>