二胡の奏法・構造分析・改良・中国の琴行情報、広州・上海ネタなど
by Star Gate Erhu
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
タグ
カテゴリ
検索
琴托の重り 3 (是非について)
琴托に重りが入ってるって、知ったのは最近のことです。

はじめは、安い木材を密度の高い物に見せかける事がその目的だと思ってましたが、
それだけでも無いな~と思い始めました。

日本で売られている二胡の価格分析をやってて思った事から。

まず、北京タイプ(八角形+六角形カマボコ琴托)をみると。
5割程度が黒檀、4割程度が紫檀 で (日本での販売)価格平均が18万円ぐらい。残りの1,2割が紅木などの軽い木で数万円の物。

ある程度二胡経験のある人や、中級クラスの人は、平均価格帯18万円位の物を買うでしょう。 すると、そもそも重い木を使ってるので、琴托に重りはありえない。
これが、「北京タイプには重り入ってないよね」という piano さんの感想につながってるんじゃないかと思います。 僕もこれには同感です。
北と南の考え方の違いもあるのかもしれません。
使い勝手を考えて、重りを入れるなんて考え方が北には無い、なんて事も想像できますね(^_^;;

次に、上海・蘇州タイプ
価格のバラツキを見てもわかるように、さまざまな価格、材質の二胡が国内で売られています。 そんな中で、 紫檀や黒檀じゃなくても、音、仕上げともに、質のいい二胡を見かけたりします。
木材が元々安いので、二胡の価格も安めだったりする。 でも質はいい。
ただ、やっぱり軽い、、ずっしり感がありません。
これをクリアするために、音に悪影響が出ないのであれば、重りが入ってても、いーんじゃないかと、僕は思ってます。

希少となって価格がつり上がってしまった材料を使った高い二胡。 物がいいと、軽自動車買えるぐらいの値段しちゃう。。
安い木材でも、厳選し、丁寧に作られた二胡。

お小遣いをシコシコ貯めて二胡を買うビンボーサラリーマンとしては、後者を応援したい! だから、重りは 許す! です。

でもね、、
紫檀じゃないのに、重り入れて紫檀だとか、
黒い着色して、重り入れて黒檀とか言うのはやめてよねー。

日本の琴行さんたちは、しっかりとした目利きで仕入れをしてて、
重りが入ってても、ちゃんとした目的で入ってるものを販売されてる、と信じたい。
by soukichi_uchida | 2010-04-14 21:57 | 二胡うんちく | Trackback | Comments(3)
トラックバックURL : http://soukichi.exblog.jp/tb/13152280
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Jimmy at 2010-04-15 00:56 x
いやホントに良い楽器を選択出来る目と耳を持ちたいと思いますね。
重りですか。初めて知りました。昔、仕事で構造物に重りを付けまくって振動対策をしていたことを思い出します。その時は相手が金属でしたが、木材だとどういう変化が起こるんでしょうかね。単純に固有値が下がるというのだけは想像できるのですが。騒音振動技術者であったのは今は昔。すっかり錆び付いてしまいました(www

ところで話題は異なりますが、弦の経時変化(劣化?)についてはいかがお考えでしょうか。交換時っていうのはどういう時?音の変化は?などの疑問が私の頭の中で渦巻いてます。
ドイツ製のRed Dragonっていう弦なんか、最初はどうしようもない酷い音なのに暫くひき込むとかなり良い音になります。はたまた最初からそれなりの音が出る弦もあります。奥が深いです。。。
Commented by 鏡深 at 2010-04-17 19:30 x
重りの有る無しはどうでもいいけど、少なくとも「空山鳥語」の高把位での滑音ピヨピヨの位置か、それより下に重心がないと困る。鏡深の基準は二胡を横にして指一本でバランスをとれる位置が、筒天井から一握りちょい以下ならポイント高いです。
Commented by soukichi_uchida at 2010-04-17 22:25
鏡深さん> 二胡を横にして、、、、 そーなんですか。 うーん、なんか面白そうな話ですねー。 考えても見なかった。。いい情報ありがとうございました。 
<< 3回目 琴托の重り 2(音との関係) >>