二胡の奏法・構造分析・改良・中国の琴行情報、広州・上海ネタなど
by Star Gate Erhu
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
タグ
カテゴリ
検索
琴托の重り 2(音との関係)
最近 図を書いてないんで、記事がさびしいなー。 図がないと、倉庫の更新も止まってしまうし、、、
で、本題。

ずーっと前の記事で、 「振動のループ」って事を書きました。
琴頭はやっぱり必要? とか、
控制綿のナゼ?
とか、その他いろんな局面で。

琴筒から、軸、棹、皮、筒、托、 全てが関連して振動のループを
作り、二胡全体で音を奏でている。

琴托もその中の一部ですよね。

・弦を引っ掛ける、テールピースとしての役割。
・棹が突き刺さる、起点である。
・筒を乗っける土台である。

琴筒が、二胡の音質に関係していないはずがありません。
きっとある。

琴托は、振動のループの中にはいるけれど、それ自身が音を
奏でているわけではない。 
振動のループの中で、いかに振動を伝えるか、抑えるかが 
「琴托君」の楽器のパーツとしての働きなんでしょう。

托と接触する、棹、筒が同じ木材を使っているということは、
音のインピーダンスのマッチングを取っていると考えると、
「伝える」ことが役割なんでしょう。

確かに、バイオリンでは テールピースはそれなりの着目されて
種類も価格もいろいろあるみたいです。
そういう意味では、二胡の琴托は、使う側のこだわりってのが
無さ過ぎですよね。

さて、 バランス、安定感ってのは別にして、
琴托の中の重りの、役割と弊害はなんでしょう。

仮に、琴托を振動体だと考えると、固有振動数というものがあるはず。
重りを入れる事により、重心が変わる、質量が変わる。これにより、
固有振動数も変わってくる。

だから、、、
nishino さんが、耳で感じた、 重りの有無による
音の違いってのは、確実にあるんでしょうね。

私の調整のポリシーは、
 まず、最大効率で音がでるように、調整する。
 その後、音質に関しての引き算をする。
です。

そういう意味では、重りをはずしてみる実験は興味深い。
一方で、 弦堂さんなんかは、
重りの材質を、鉛から、銀(だったかな?)に変えて、
音が艶やか~。 なんて事もされてるみたいなので、
琴托の重りの材質は、「引き算」としての調整としては、
面白いかもしれません。

でもねー、貴金属は使えんなー。 
金の琴托の重り、なんてね。。。。
by soukichi_uchida | 2010-04-11 14:32 | 二胡うんちく | Trackback | Comments(1)
トラックバックURL : http://soukichi.exblog.jp/tb/13134408
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2010-04-12 19:54 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< 琴托の重り 3 (是非について) 琴托の重り 1 (使い勝手) >>