二胡の奏法・構造分析・改良・中国の琴行情報、広州・上海ネタなど
by Star Gate Erhu
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
タグ
カテゴリ
検索
新・控制綿のなぜ 8 (駒から下の弦の振動と共鳴3)
同じような話をグダグダと書いてますが、、、

駒から下の弦の振動を(ほぼ)完全に押さえこんだらどうなるか
という実験をやってみました。

具体的には、駒から下の弦をキツめの選択バサミで
ガッチリ挟みこんで音を鳴らしてみました。

結果としては、
まるで、弱音器を付けた様な音になってしまいます。

こうなる理由としては、
 駒から上の弦の振動により、駒は微細な上下の振動運動を行う。
 これに同期して、駒から下の弦も共振しています。
 この状態で、駒から下の弦を抑え込んでしまうと
 駒の振動も抑え込まれてしまい、
 結果として音が小さくなってしまう、という事だと思います。

--------------
この結果と、これまでの考察と実験(新・控制綿のなぜ  )から

1) 控制綿で、駒から下の弦の振動を抑え込んでしまうと、
  駒が振動しにくくなり、琴皮が振動しなくなってしまう。
  つまり音が極端に小さくなる

2) 一方で、駒から下の弦の振動を放置すると、
  駒から上の弦との共鳴などウルフ音等の雑音の要因となってしまう。

という事が言えます。

従って、控制綿の弦側(上部)は
この相反する、二つの問題を解決する機能
を持っている必要があります。

駒の振動を抑える(音量を下げる)事無く、ウルフなどの雑音を抑える

どうすればいいんだろう?
きっと全てを解決することは出来ないんだと思います。
何かを犠牲にすることになるのかもしれません。

上記2つの問題を解決しつつ、琴皮側への働きかけもする。
弦側: ノイズ低減  (ノイズキャンセラー)
琴皮側: 音質調整 (イコライザ)

ただ、やみくもに材質を変えてためすよりは、
こういうターゲットで、材質や構造を考えてみたいですねー。
もちろん、先人達の試行錯誤の結果を参考にすると、遠回りは避けることがでします。

でも、こいつも答えがでないなー。。。
by soukichi_uchida | 2010-03-27 04:18 | 二胡うんちく | Trackback | Comments(3)
トラックバックURL : http://soukichi.exblog.jp/tb/13055028
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Jimmy at 2010-03-27 09:51 x
これって、結局、駒に洗濯ばさみをつけて弱音することと同じことをやってませんかね。結論は同じかもしれませんが。。。

最近、SPシステムを設計していてふと思いましたが、二胡の胴、革の構造は後ろ開放のエンクロージャーをもったSPのように思えてきました。無限バッフル的に超長い筒にしたりとか、バックロードホーンやフロントホーンみたいな構造にしてみたたくなりました。密閉型の筒にするとつまんない音にはなりそうですが(www
Commented by soukichi_uchida at 2010-03-27 23:33
駒の振動を押さえてしまう、という意味ではほぼ同じ事だと思います。SPに例えましたか、 確かにそんな気がしまう、特に銅の共鳴って意味では、バイオリンや、ギターとは、ちょっと違うなーという気がしてました。 その切り口で見ると面白いですね。 バックロードホーン付きの二胡、いいかも。。。
Commented by nisino at 2010-03-31 12:20 x
布地無くてもちゃんと鳴るものも、出来ましたよ。
まだ少量ですが、雑音無です。
この布地(スポンジ)皮を抑えてるのでは、ありません。
皮を抑えなければいけないほどの圧力をかけなければ、いけないというのが、そもそも、間違いなのです。
まだ完全ではないですが、そのうち完全なの作りたいですね・
まず、第一、台と弦との、接触部分の、不安定さ、駒と、皮面との、接触部分の、不安定いさ、それと6枚の板の共振の不安定さ
竿と胴との接触面の不完全さ、とくに台側の差し込みの不完全さ
これらが、雑音の原因です、と、皮の張り方の斑、蛇は、縦横の伸び率が違います、ましてや、尻尾からお腹(お腹以上は、基本的には、伸びすぎるので、私は使えません)まで、伸び率が変わります。濡れているときに、張るのですから、乾けば当然、胴にかかる、張力が変わり、例え、一定の音に削り込んだ6枚の胴板でも、音が変わります、その変った共振に所る雑音もあります。
とこんな感じが、雑音(二胡の良い雑音?、倍音?)の原因だと考えていますが、いかがですか。
<< いよいよ始まりますねー ⇒ 見ました テキストが届いたが、、、、 >>