二胡の奏法・構造分析・改良・中国の琴行情報、広州・上海ネタなど
by Star Gate Erhu
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
タグ
カテゴリ
検索
価格帯分析
<2010-03-16 改定> 母数を増やしました

国内の二胡二胡の価格ってどうなっているんだろう?
材質ごとの価格差はどうなってるんだろう?
なんて考え始めました。

そこで、
店舗を構えている店を対象に、各店舗のHPに掲載されている二胡(へに皮に限る)の材質価格、合わせて、生産地作者筒の形などのデータも収集しました。
11店舗、119本。(2010-03-16)
もう少し母数が欲しいところですが、これらを統計的に分析してみました。

まず、材質による分類ですが、これが、いろいろな名称があって大変。
以下の5つに分類してみました。
・紫檀: 紫檀、老紫檀、決紫檀、血檀、本紫檀等いろいろな名称がありました。 
     正確にはそれぞれ異なる材質なのかもしれませんが、
     こいつらはまとめて紫檀としました。 
・老紅木: 老紅木、明新紅木
・黒檀: 
・紅木: 
・その他: 鉄梨木、酸枝木、紅檀、花梨 など比較的安い二胡に使われてる

これをベースに、
まず本数の比較
b0098997_1959247.jpg
本物かどうかは別にして、「紫檀」を名乗る二胡が最も多い。次が黒檀です。
**紫檀にはいろいろあるという事が、後の分析で裏付けられます。

次に価格の平均値比較
b0098997_1959431.jpg
へー、黒檀って第3位かーです。 ただ、平均値だけでは、価格は語れません。 その平均値を中心にどのぐらい価格がばらついているかを見てみましょう。
b0098997_2065843.jpg

平均値に対して、標準偏差がいかに大きいかで、値のバラツキが解ります。
これを視覚的に見ると、こうなります。
b0098997_2011266.jpg
価格の平均値が高いものほど、価格のバラツキも大きい事が解ります。

言い換えると、高い二胡程、要注意ってことですかね。

規格、材質が工業製品のように規格が統一されていないため、
材質の呼び方もマチマチ。 □□紫檀、△△紫檀、××紫檀とか。
~紫檀にも源材料の価格差があるので、これによる製品の価格差も出てくる。
価格設定もメーカーでそれぞれで、それが日本に入ってくると、またどうなっていることやら。。

二胡にも家電製品の様に、スペックシートが欲しいもんです。
・木材の正式名称、密度、硬度、乾燥度とか、
・蛇皮のスペック: 養殖、天然、使用場所、厚み とか
・仕上げのレベル: 技術資格X級の人が、N度のレベルで仕上げを行っているとか

なんてあれば、価格のバラツキも減るだろうし、「安心」して購入する事ができますよね。

母数を増やして、もう少し突っ込んで分析してみたいと思います
続く。。。
by soukichi_uchida | 2010-03-16 03:09 | 二胡よもやま話 | Trackback | Comments(9)
トラックバックURL : http://soukichi.exblog.jp/tb/12998366
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by pia-no at 2010-03-16 11:54 x
笑~~ついに着手されましたね
あって無いような、二胡の定価、最近の家電のオープン価格のように曖昧ですね?
日本国内では老紅木や黒檀が季候に合うと思うのですが
高いお金を出すのなら~作った人にあげたい~
そう思ってしまいます。
Commented by soukichi_uchida at 2010-03-16 21:10
ショップ間の比較はね、さすがにできません。 でも全体像ならいいかとやってみました。 僕の結論としては、黒檀を買うのが、価格のバラツキからみて、一番無難かな~と思ってます。 紫檀や老紅木はバラツキが大き過ぎて、目利きの力量が求められそうです。。
Commented by Jimmy at 2010-03-17 10:54 x
待ってました!パチパチ!!
なんかホントにあってないような二胡の値段。目利きでない者にとっては悩みますよね~
仕方ないので、王根興さんって言う人にオーダーしちゃいましたもん。
手の大きさとか測られましたけどね。
Commented by soukichi_uchida at 2010-03-18 20:02
Jimmy さん、
えーオーダーですかー! すげぇ~。 オーダーすると、手の大きさとか測るんだー。 手の大きさに合わせて、どこを調整するんでしょうね? 興味深々です。 解ったら教えてください。王根興は上海の人ですね。
Commented by Jimmy at 2010-03-19 11:36 x
測ったところは忘れちゃいましたが、
・手首から中指先端までの高さ
・人差指の付け根~小指の付け根までの幅
なんかを測りましたね。同時期に5人ほどオーダーして、出来上がった楽器を見たんですが、
琴胴の大きさ、棹の太さ/長さなんかが微妙に違いましたね。私のが一番大きかったような感じです。
まぁ、この王さん、かなりのジジィで普段はもう製作しない人なんで、ただのバラツキかも(www
製作に1年以上費やした挙句、途中で材料費高騰を理由に値上げしようとして袋叩きになってましたし、二胡自体は良いのですが、彫刻はかなり下手でした(www
Commented by soukichi_uchida at 2010-03-19 22:54
Jimmy さん> 王根興といやあ、上海民族楽器第一廠の二胡大師。 二胡工房さんでも、ガッツリと紹介されてます。そんな人のオーダーしたなんて、凄過ぎです。。 いったいいくらだったのか~? 
で、オーダーで棹の太さが変わるのは解るんですが、琴筒の大きさまで変えるとわ、、研究の余地ありですね。
しかし、途中で値上げしようとする所は、さすがφ国です(^_^;;
Commented by Jimmy at 2010-03-20 00:53 x
王さんて有名なんですよね。オーダーした後で知りました(ww
教室の大御所先生と大の仲良しらしくて、そのつてでお願いしました。
値段は内緒ですが、インド紫檀だったので二胡としては高い方かな。
そのとき言われたのは黒檀仕様なら16万でしたね。
インド紫檀はもう手に入らないので作れないらしいです。相当値段が高騰しているとのこと。
Commented by Jimmy at 2010-03-20 01:00 x
追記
直接のやり取りだったのでそれでもお安くなってたと思うんですよね。これが中間にショップが入ったら、中間マージンに輸入手数料などなど加算されて相当高い(恐らく倍以上)値段になっていたと思いますね。黒檀モノでも30万は下らない価格になるんじゃないかと推察します。
クワバラクワバラ…
Commented by soukichi_uchida at 2010-03-20 01:00
最新記事で紹介してる静風さんのHPの二胡製作師一覧と二胡工房さんでの製作師紹介みてくださーい。 すんごい人です。 インド紫檀ですか、、うーん高かったんだろーなー。  
<< 価格帯分析 2 お店(琴行)に行こう! >>