二胡の奏法・構造分析・改良・中国の琴行情報、広州・上海ネタなど
by Star Gate Erhu
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
タグ
カテゴリ
検索
音質を考える 2
倍音を調整して波形を作れるソフトないかな~、なんて探していたら、ありました。 すばらしいソフトが。 効果音エディタ_D というソフト。 
b0098997_22373457.jpg
波形をフリーハンドで書いて、音を鳴らしてみたり、1~16までの倍音を組み合わせて波形を作ったりすることができます。
これは面白いソフトです。 皆さんもぜひダウンロードして使ってみてください。

で、これを、どう利用したかですが、、
まず、いつもの WaveSpectra (高速リアルタイム スペクトラムアナライザー)で、二胡の音(外弦A)をフーリエ変換します。 すると 440Hz を基音とする倍音構成が解ります。
b0098997_22423418.jpg
次に、このスペクトルを見ながら、効果音エディタ_Dで、各倍音の強度を上と同じ様に設定して行きます。
b0098997_2245213.jpg
このソフトこれだけで終わらず、合成した音を Wav ファイルとして保存できます。
保存したWavファイルを WaveSpectra にかけてフーリエ変換する。 
すると、、
b0098997_22483385.jpg
合成された波形と、フーリエ変換結果(倍音構成)が表示されます。 合成波形は、イビツですが、二胡の生音の波形とそこそこ似た形になっています(1周期に4つの山)。 音として鳴らしてみると、ただのサイン波や、ノコギリ波に比べて、かなり二胡に近い音です。

何がやりたいんじゃぁ! クドクドと! と思われるでしょうが、、、もうちょっと。

二胡(外弦A)に似た、倍音構成を持つ波形が作り出せた。
この波形の倍音構成を少しずつ変化させる事により、「音質」の異なる二胡の音が作り出せる。

これで、たとえば、「明るい」と思える音と「暗い」と思える音の違いは何か? が分析できるんじゃないかと考えています。

問題は、僕の耳が「明るい」「暗い」を聞き分けれるのか? です。。。

続く。。。


----------------------------------------------------
二胡やるぞー」、「まとめサイト」、「倉庫」で三位一体運営中
by soukichi_uchida | 2010-02-24 23:06 | 二胡うんちく | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://soukichi.exblog.jp/tb/12896461
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 弦がよじれてる 音質を考える 1 >>