二胡の奏法・構造分析・改良・中国の琴行情報、広州・上海ネタなど
by Star Gate Erhu
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
タグ
カテゴリ
検索
究極の駒 (材質に踏み込んでみる 2)
某ショップの駒の解説を読んでいて
「え”~、うそぉ~」と思ったことから、考え始めました。

某ショップでの解説では
・硬く密度の高い材質は、駒には向かない。
 なぜなら、弦の振動が蛇皮に伝わるのが遅いため、音の反応が遅い
とありました。

これは間違いだと思います。
なぜなら、音の伝搬速度は、密度が高い物のほうが早いのです。
例えば、空気よりも水中のほうが、速度が速い。

ギターでの話しですが、密度と弾性率が異なる複数の木材で、音の速さを比較しているサイトがありました。
Noyce Guiters というギターのメーカー(?)がデータを公開しています。ここ↓
Wood Data: Eveluating Eood Data

ということで、いろいろt調べていた解ってきたことは、
・金属や木などの個体の中を伝わる音の速度は、 「弾性率/密度」のファクターで決まる。
・硬さも密度と弾性できまるのではないか?
・物によって振動を吸収する度合いが異なる(振動吸収率)

と、今回も結論はなにも出ませんが、駒の材質を考える上で、密度、弾性率、硬度、振動吸収率が重要なファクターとなるだろう、って事が見えてきました。
by soukichi_uchida | 2010-02-19 23:08 | 二胡うんちく | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://soukichi.exblog.jp/tb/12869430
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by pia-no at 2010-02-20 00:04 x
私もわからない事が~~
皮なのですが、手で叩くと、メイン二胡はドCの音がします。
もう1つの小葉紫檀の二胡はその音よりも低いソGの音がします。
なのに弾くと後者の楽器の方が音色が明るい音がします。
何か関係があるのでしょうか?
Commented by soukichi_uchida at 2010-02-20 20:28
え”っ? え”ぇええぇ~! そうなんですか? 皮を叩いた時の音の高さはぜんぜん気にしてませんせした。。。二胡を買う時にポンポンとはやりますが、、これは、今後のテーマの一つになりそうです。
ところで、手でたたく時駒ついた状態でしたか?
<< 究極の駒 (大きい駒と小さい駒 2) カザフスタンからのアクセス >>