二胡の奏法・構造分析・改良・中国の琴行情報、広州・上海ネタなど
by Star Gate Erhu
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
タグ
カテゴリ
検索
二胡弦の材質を元素分析してみる 5
S社の弦、3種を分析しました。

各弦を仮に、 牡:300円台、敦:500円台、名:700円台
※この会社私の知る限り、同価格帯で、あと2種類出してます。入手して調べてみたいです。

結果は、「間違ったかな?」と思い何度か測りなおす程、以外な物でした。

外弦と内弦の芯はどれも、ほぼ同じ成分。
内弦の巻き部分は、「」と「」はほとんど同じ成分で、中間価格の「」が異なる成分です。

このメーカーの弦に関して言える事は、価格は成分ではなく、「仕上げ」とか「具止まり」で決まっているんじゃないか?という事です。
例えばCPUは同じ物であっても、速く動く(クロックが高い)ものと、そうでないもの(クロックが低い)で、PXX2Gとか、PXX2.5Gとかで価格を変えたりしています。 これもそうなのかもしれません。

さて、3弦まとめての結果です。
●まず外弦
b0098997_21233169.jpg
ほぼ鉄です。高い物ほど純鉄に近い

●内弦の巻き部分
b0098997_21291669.jpg
これが驚き、一番安いのと高いのがほとんど同じ成分、ニッケル、銅とマンガンを主成分とする合金で、中間(敦)がニッケルとクロムを主体とした合金です

●内弦の芯
b0098997_21333872.jpg
これは、各弦とも外弦と同じ成分

 ̄ ̄ ̄ ̄
これで、7,8種の弦の成分分析を行った事になります。 あと何種類か調べたところで、今回やった様に、全部を並べて比較してみると、何かが見えるかもしれません。
by soukichi_uchida | 2010-02-10 00:04 | 二胡うんちく | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://soukichi.exblog.jp/tb/12814996
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 鏡深 at 2010-02-10 22:34 x
このメーカーは基本的に割高なので使いませんでしたね〜 「牡」が良いって話は聞いた事がある。価格によって制作にかかる手間の違いなんてのもあるのでしょうかね?
二胡弦は原則的に内外弦に同ブランドを使うのは、素材の成分や配合が同じじゃないと音色に不自然な違いがでるから、と思ってたのだけど、そもそも内外で全く違った素材を使っていたのですねえ。。。 これが元素分析を見て受けた最大の衝撃でしたよ。
Commented by soukichi_uchida at 2010-02-11 02:18
どうやら、合金は配合のビミョーな違いで加工性や硬度や性質が異なるようです。加工のしやすさとか、仕上がりのバラツキなんかが値段差になってるのかもしれません。かつて、内弦と外弦はあえて異なるメーカーを使ってる演奏家さんがいました。私の様なへ理屈よりは、本能なんですね。
<< スローハンド 品質に対する考え方 >>