二胡の奏法・構造分析・改良・中国の琴行情報、広州・上海ネタなど
by Star Gate Erhu
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
タグ
カテゴリ
検索
空弦と指で押さえた時ピチカートの違い
ピチカートを行った場合でも、開放弦と指で弦を抑えた場合の音の違いはあります。
音の違いというよりは、エンベローブ(ADSR)が違います。
アッタック(A)とディケイ:減衰(D)は同じで、
サステイン(S)とリリース(R)が異なる様に感じられます。

いきなり横文字ですみません、
エンベローブ(ADSR)という言葉はシンセサイザではよく使われる用語です。詳しくはこちらを参照願います。http://ja.wikipedia.org/wiki/ADSR

※その昔YAMAHAの名機 DX7使って遊んでました。

簡単に言うと
指で押さえた弦をピチカートした時の音は、ぽんっ」とすぐ消えてしまうが、
開放弦は「ぽん~ン」、という余韻があります。
●指で押さえた時のピチカート波形
b0098997_3342252.jpg
b0098997_3343118.jpg

●開放弦のピチカート波形
b0098997_331599.jpg
b0098997_332911.jpg

弓を弦で擦るのと、弾くのでは、音を出すメカニズムが異なりますが、
「ぽんっ」とぽん~ン」の差は弓で擦って弾いているときにも何らかの影響がでているはずです。
これも、開放弦(空弦)と指で押さえた場合の音質の違いの一つの要因なんでしょう。

第6の指千斤」では、この「ポン~ン」のR(リリース)は無くなります。 でも、、このRを消してしまう事が二胡にとって良い事なのかどうかは、まだ答えが出せません。
---------

それにしても、鏡深さんの 1/29 のコメント
空弦の音色が不自然になるのは、だいたい弓法の修練で克服できますよ。
は、とーっても気になります。

言い換えると、弦にかかる物理的な力と振動(周波数成分)の違いを弓法で埋めてしまう。
弓の速度、角度、圧力のビミョーな調整が必要なんでしょうね。
私はまだまだその域に達する事はできません。
by soukichi_uchida | 2010-02-07 03:42 | 二胡うんちく | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://soukichi.exblog.jp/tb/12798359
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by pia-no at 2010-02-07 13:36 x
そう言えば、賽馬のピチカートの時、ピチカートの音は音色がいいと先生に言われました。
ギターをやってた事が原因なのか?よくわかりません。
でも弓の音色がいいよ~と言われるようにならないと~と思います。弓のスタッカートや分弓の音色が綺麗だよ~と言われるように
なりたいですね~
Commented by soukichi_uchida at 2010-02-08 03:01
「ピチカートの音色がいい」、、これは、キーワードです。 何を持って音色がいいのか?、そうすればいいピチカートの音がだせるのか? 新ネタになりようです。 でも、確かに弓の音がよくなりたいですねー。 
<< 双千斤を想像してみる 昨年購入したエレピ >>