二胡の奏法・構造分析・改良・中国の琴行情報、広州・上海ネタなど
by Star Gate Erhu
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
タグ
カテゴリ
検索
二胡弦の材質を元素分析してみる 4
このシリーズもはや、インパクト無くなってきましたね。 でも続けて、データが集まってくるといろいろな事が見えてくると思います。
・価格と材質の関係。
・材質と音質、レスポンス等の関係
等々

長期戦で望みますので、がまんしてお付き合い願います。

今回は、引き出しの奥から出てきた未開封の弦。 たぶん北京2号に付いてきた物だと思います。
メーカーは 北京なんとかかんとか有限公司。(ミドリと白のパッケージ)
価格は 10~20元ぐらいの、メチャ安だと思います。 弦堂さんでも紹介されてます。 「初級者が練習に使わされるのは、耐え難いものがあります。」との評価です。。。

さて測定結果は?

●外弦
分析結果の前に、紙のパッケージを開けると、ビニールの袋にピッチリと密封されていました。開けてみると、油まみれでした。 この理由は測定してみてすぐに解りました。
b0098997_23435944.jpg
b0098997_23441261.jpg
ほとんど鉄(Fe)。油の理由は錆止めですね。

●内弦(巻きアリ部分)
こちらの袋には油は入っていませんでした。 
b0098997_23525463.jpg
b0098997_2353136.jpg
銅がメインで、ニッケルと亜鉛の合金です

●内弦(先っちょ、芯)
b0098997_23584698.jpg
b0098997_23591099.jpg
これはほとんど鉄です。

確かに、安そうな弦ですね。

まだまだ続く
by soukichi_uchida | 2010-02-05 00:04 | 二胡うんちく | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : http://soukichi.exblog.jp/tb/12787166
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by pia-no at 2010-02-05 14:10 x
弦の分析、面白いですね~
次回も期待しつつ~~

双千斤二胡ってどんなのですか?
わかります?
Commented by 鏡深 at 2010-02-05 18:49 x
お! これは鏡深常用の二胡弦ではないですか! ちなみに価格は桁が違いますよ〜
Commented by soukichi_uchida at 2010-02-05 23:50
>双千斤二胡ってどんなのですか?
わかっりましぇーん。 
その昔中国で、マッサージで、双人四手ってのを頼んだら、オッサン二人出て来て、死にそうになりました。。(^_^;;
鏡深さん、解説願いまーす
Commented by soukichi_uchida at 2010-02-05 23:55
>ちなみに価格は桁が違いますよ〜
まさか、数百元じゃないですよね。 ということは、数元ですか。そんなもんですね。
Commented by 鏡深 at 2010-02-06 01:06 x
>双千斤二胡ってどんなのですか?
1月29日「究極の千斤試作と問題点」のコメントでちょろっと鏡深が口走ってますね。(笑
鏡深のレパートリーのひとつだったりする「幸福的歌儿唱不完」は双千斤二胡用の楽曲となっていますが鏡深は普通の二胡で拉きます。曲調からして板胡曲ですし、本来は双千斤板胡からの移植と思われます。
双千斤は普通の千斤に加え、その下に脱着可能な千斤が着いているタイプです。それにより、1曲の中で楽器を交換せずに、2種類の定弦を使用する事が可能になります。例えば「幸福的歌儿唱不完」は「G調(5-2)弦」の曲ですが、部分的に4度低い「G調(2-6)弦」で演奏します。
Commented by pia-no at 2010-02-06 08:55 x
>鏡深 様
ありがとうございます。m(__)m
QQ千斤のようなのかな?それとも普通の千斤の下に
調弦をする時に弦1本ずつの千斤をつけるのを、普通千斤の下に
つけるのかな?と思っていました。

曲や楽譜を探して、聴いてみたいと思います。
QQ千斤は持っているのですが、D調の千斤までの幅が極端に
短くなるので、今ははずしているのですが
二泉二胡も中胡も持っていませんので、メイン二胡じゃない方に
つけておこうかな?と思っています。
Commented by みけん at 2010-02-06 10:12 x
はじめまして。みけんと申します。
弦の分析面白いですね!とても勉強になります。

見ているうちに弦を交換したくなり、ピラストロ弦を買いました。
果たして音は変わるのでしょうか。二胡暦2ヶ月になりました。
Commented by soukichi_uchida at 2010-02-06 23:25
みけんさん、コメントありがとうございます。 音は弦によってずいぶん変わってきますよー。 でもピラストロは二胡によって相性があると思いますし、人によって好ききらいもあるようです。 僕の二胡でも、北京1号(八角)にはピタっときますが、蘇州1号では、う~んてな感じです。
Commented by soukichi_uchida at 2010-02-06 23:34
鏡深さん、Piano さん
双千斤、ネットと探しましたが、実態象が見えてきません。。piano さんの言われるようにQQ千斤のように、移調可能な千斤なのか?でもQQ千斤だと、曲の途中で、ピッと変えることはできなさそうだし。。。うーん。
07年だったか、上海の琴行で6調の移調可能なメカ千斤を見たことがありますが、、、これは違うよな~。。(上海国際楽器展覧会 MUSIC CHINA 2007 http://www.band-abyss.com/shanghai2007/shanghai2007-1.html) ここで、紹介されてます。
ところで、piano さんたら、QQ千斤持ってるんですかー、やっぱ、マニアですねー。。。
Commented by 鏡深 at 2010-02-07 19:42 x
「QQ千斤」って名前は初めて聞いたのですけど、中国人のネーミングセンスは恥ずかしい。
 手元の板胡教本には双千斤板胡が載ってるのですけど、白黒で印刷が不鮮明なので構造まではわからないね。ネット上には写真が見つからないですねえ。これは、双千斤とはちがうなあ。
http://photo.163.com/photo/tlyueqi/#m=1&ai=55522624&p=1&n=84&cp=1

 写真は無いけど、こんなのがあった。他にもいろいろ開発はされているみたい。
http://www.ilib2.com/Class.aspx?Query=未列入其他类目的乐器+%E3%80%80千斤
<< 二胡弦を元素分析してみる 予告 ウィトナーのアジャスター >>