二胡の奏法・構造分析・改良・中国の琴行情報、広州・上海ネタなど
by Star Gate Erhu
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
タグ
カテゴリ
検索
究極の千斤試作と問題点
千斤のなぜ? 究極の千斤を目指して 3で提案してた、千斤をちょいと試作してみました。
固定千斤を作ってみたで使ったのと同じく5ミリ厚の黒檀の端材。
3Dでウハウハ 究極の千斤の絵とはずいぶん違いますが、こんな感じ。
b0098997_0102022.jpg
b0098997_0102981.jpg

形はともかく、効果を試そうと蘇州1号に装着。

しか~し、音出しをする前に、「こりゃアカンわ」 という事が解りました。
指に相当するゴムが下から押し上げられて、千斤が下図の様に傾いてしまいます。 その結果弦を押さえる力も弱まってしまい、指としての働きも弱まってしまいます。
b0098997_23525534.jpg
そこで、こんな対策を考えてみました。 ペラペラの板ではなく、土台をガッチリさせ、指に相当するゴムも千斤に近づける。
b0098997_2353327.jpg
よ~し、これで再試作だ!

ここで、もう一つ最大の欠点!
ポジション移動をやって、戻ってくるべき位置はゴムの場所なのに、土台の固定千斤の所に戻ってしまう。 これは慣れるしかないか。。

そんな事よりも、本来の目的 「開放弦と指で押さえた時の音の違いをなくす」 を忘れないようにしなきゃ。。。
by soukichi_uchida | 2010-01-29 01:18 | 二胡うんちく | Trackback | Comments(7)
トラックバックURL : http://soukichi.exblog.jp/tb/12747585
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by pia-no at 2010-01-29 16:13 x
これが完成されたらすごい発明です。
外弦のAに対し、内弦の真ん中あたりのAがどうも
しっくりこなくて、耳に妙な音に聴こえて、慣れないのです。
内弦のAがもっと外弦のAと音色の種類が同じなら~
いつもそう感じて弾いています。

ゴムの部分の下側にも釣り糸か何かで、棹に巻くというのは
じゃまになりますか?
Commented by soukichi_uchida at 2010-01-29 21:48
現在改良版試作中です。ゴムの下側にも巻くアイディアいただきっ!です。

で、AとAの話しですが、この千斤は同一弦上で、指で押さえた時と、開放弦の音質を同じにする事を目的としてます。 内弦と外弦での同一音の差は埋めることはできないと思います。 残念っ! で内弦のA(D調のソ[四])は第一ポジションだと小指で押さえますよね。 小指って力無いもんで、意識しないと、押さえが弱くなってしまいます。 よく老師に、「なんだその情けない音は」と言われます。。。、それと外弦 開放弦A(D調ソ[0])の違いは、そりゃーもう。。。。 
Commented by 鏡深 at 2010-01-29 23:19 x
 腰馬式の固定千斤持ってるけど、それじゃいかんの? 固定千斤は圧弦がきつくなるし、腰馬式じゃないと空弦からの滑弦や空弦の揉弦もやりにくいし、、、 うちにも使ってる生徒さんがいるけどね。
 でも、いい感じの固定千斤ができれば、次は双千斤の研究もしてもらいたいですね〜

 個人的には外弦と内弦の音色が同じだと困るのですが、空弦の音色が不自然になるのは、だいたい弓法の修練で克服できますよ。と、がんばっている所に水を差すような事を言ってみたり。。。
Commented by soukichi_uchida at 2010-01-29 23:35
こ、腰馬式の固定千斤ってなんですかぁあああ? そんなん知らんかった。 うー興味深々です。で、今回作ってるのは、まさしく、 「空弦からの滑弦や空弦の揉弦もやりにくい」状態です。 
「空弦の音色が不自然になるのは、だいたい弓法の修練で克服できますよ。」そーなんです、老師にも言われてます、でも、道具に頼ろうとする横着者でして、、すぐこんな事考えてしまいます。


Commented by pia-no at 2010-01-30 10:23 x
固定千斤はやはり、いけない部分もあるのですね~
糸千斤に戻そうかなぁ~~

下記 ジャンジェンホワさんが使っているような千斤
特殊千斤のところ//www.rankado.com/

妙な形?どう使うの?という千斤
保学孝千斤  下の方です。
//kinugen.cyada.org/buy/men.html

私の場合、開放弦のAは綺麗でいいのですが
内弦のAが嫌いな音色なんです。
皆様と反対?なのかな?
Commented by soukichi_uchida at 2010-01-30 15:56
一番初めに二胡を習った先生が、「最後は糸に帰る」って言ってました。でも僕は、固定千斤(名師堂さんの)が好きです。 指の縦横の圧力でずれないし、チューニングも決まりやすい。横着者の「愛好家(アマチュア)」にはちょうどいいかも、です。 で、絹弦さんのはちょっと気になりますね。。ウズウズ
内弦のAですが、第2ポジション(人差し指)で押さえても変なら、調整でなんとかなるかも?です。 (きっといろいろやってるでしょーpianoさん)
Commented by 鏡深 at 2010-01-30 20:28 x
>腰馬式の固定千斤ってなんですか
「腰馬式」という単語はなんとなく使いました。板胡に使う千斤を「腰馬」と言います。二胡の千斤で琴杆に対して弦がV字になるように、板胡ではへの字になります。それを「腰馬式」と表現した訳ですが、平たく言うと可動式の山口ですね。先にpia-noさまが紹介してくれたリンク先のお店にあるのがそうです。
鏡深が持っているのは二胡作家の南建成からもらったもので、構造はアジャスターの付いている蘭花堂さんのに近いですが、デザインがより流線型でスマートです。
このタイプの千斤で(琴碼にあるように)弦の接触する頭の材質を変えれば空弦の音色も変わると思います。実際、以前使っていた安い中阮で、空弦音に混ざる不自然なハーモニクスが気になったので、山口と弦の間にフェルトの切れ端をはさんだら治まりましたよ。
<< ピラストロ二胡弦 最安値 鼻のアブラをちょいと付けて >>