二胡の奏法・構造分析・改良・中国の琴行情報、広州・上海ネタなど
by Star Gate Erhu
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
タグ
カテゴリ
検索
鼻のアブラをちょいと付けて
知ってる人は知ってる話しだと思います。 
でも教則本とかにはあまり書かれていません。
また、私は、誰にもこの技は教わってませんので、真偽のほどは???です

よく、指先とか、弦に松脂がついてて、滑弦がつらい、なんて事ありますよね。

事前に弦を良く拭いたり、指を洗ったりしとけばいいんですが、それでも、どっかから松脂が、、、

ある女性中国人演奏家のコンサートを見に行った時、演奏の合間にちょいちょい鼻の脇を触ってる。その時は、
「何やってんだろー?」
「ウルムチ系の顔立ちでとってもキレイな女(ひと)なのに、お行儀わるいなー」
なんて思ってました。 
その後、老師の独演会を見に行った時、やはり演奏の合間に、髪を触ってる。

それで、ようやく気が付きました。 
あれは、指の滑りをよくしてんだ!

やってみると、なるほど、効果ありです。
でも、人前ではあまりやりたくないですね。。

---
おまけ、
梅雨や、夏場、ジメジメしてると、棹もベタベタ、手のひらもべったり。 滑弦どころか、ポジションチェンジも引っ掛かたりして、イライラします。
ベビーパウダーとか、制汗スプレーとか、使う手もありますが、それも無い時はどうする?

居直ってしまいます 。。。

親指と人差し指の水掻き部分を、棹にグワシグワシと上下に擦りつけて、手を棹になじませてしまいます。

老師には、「手に力が入ってるから、移動しにくいんだよ。」 と言われますが。
自分を直す前に、このような技にすぐたよってしまう私です。。。
固定千斤を使ってしまうってのも、これですね。。(^_^;;
by soukichi_uchida | 2010-01-28 23:28 | 二胡うんちく | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://soukichi.exblog.jp/tb/12746970
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 究極の千斤試作と問題点 駒の位置は琴皮の中心が最適なのか? >>