二胡の奏法・構造分析・改良・中国の琴行情報、広州・上海ネタなど
by Star Gate Erhu
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
タグ
カテゴリ
検索
二胡弦の材質を元素分析してみる 2
この手のデータの開示は、ヘタすると訴えられたりすることがあるので、今後メーカー名などは伏せて結果を報告していきます。 ご理解願います。

今回は、使い古しの弦(P)を測って「みました。

●まず外弦
b0098997_2133811.jpg
b0098997_21331893.jpg
 鉄、クロム、ニッケル、マンガンが入っており、基本的に SUS ステンレスですね。 特徴的なのは Sn 錫が入っている事です。
Sn を入れる事により、加工のしやすさか、強度か、音質かになんらかの効果があるのでしょう。

●次に内弦
これは、びっくりしました。 ちょっと測っただけだと、99.7% ニッケルという結果がでました。「んなバカな」と何度か測りなおしましたが、同じ結果。。。
b0098997_21452738.jpg
b0098997_21453426.jpg
レアメタルのニッケルをこんなに使ってる訳ねーぞ、これはニッケルメッキかなんかだ。 ギターのEAD弦みたいに巻きつけも考えられる。 ということで、先っちょの布の部分をはがしてみると
b0098997_2285140.jpg
こんな感じで、(たぶんSUS)の芯にニッケルが巻きつけられている事が解りました。 この部分を測定してみると
b0098997_22132153.jpg
鉄が出てきました。
やはり、鉄を主成分としてステンレスにニッケルが巻きつけられているようです。芯の成分は外側のニッケルを完全にはがしてやる必要があります。 でも、外弦とは異なる成分のようです。
芯の成分はまた別の機会に報告したいと思います。

この弦の値段は、 2000~3000円ぐらい。 前回測定したオマケのいかにも安そうな弦との違いは内弦のニッケル、外弦の錫ですね。

次は、「銀」が入っている事をウリにしている弦そ測定してみるか

続く
by soukichi_uchida | 2010-01-20 22:28 | 二胡うんちく | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://soukichi.exblog.jp/tb/12702709
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by pia-no at 2010-01-22 13:12 x
益々、興味深い話題です。
銀で書いてて、銀を使っていないとかバレちゃいますね~
安くてもいいとされている、弦とかも比較してみてくださーい

私はピラストロとかトマステックとか買ってみましたが
私の二胡には合わなかったです。
ソフトな弦が合うみたいです。
Commented by 鏡深 at 2010-01-22 23:07 x
 琴碼が上下非対称の話は過去エントリーに書いてありましたね。失礼しました。ちゃんと読んでから口を出そうよ、自分。(汗
 中国にいた頃、その辺で売っている銀弦を手当たりしだいに試した事がありましたが、某有名演奏家監修の銀弦が普通弦と変わらなかった。銀弦と書いてあるから良いというものでもないらしいです。成分的にどうなのかは、気になる所ですね。元素と音色への効果の関係は、言われもよくわかりませんが。
 余談ですが、某所に絲弦(絹弦)を注文しました。使った事がないので、どんな音色か楽しみです(好んで使う人はあまりいないみたいですが)。こちらは燃やしてみれば本物かどうかわかるでしょうがね。
<< 指の角度が悪いと千斤が ひとり突っ込み >>