二胡の奏法・構造分析・改良・中国の琴行情報、広州・上海ネタなど
by Star Gate Erhu
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
タグ
カテゴリ
検索
琴窓をデザインしてみる
最初はボロボロだったけど、なんとか琴窓を作れるようになってきた。
琴窓作りに再挑戦 2の琴窓はこんな感じで仕上がりました
。蘇州1号へ装着
b0098997_2346419.jpg
 音もなかなか、いい感じです。

で、これは通過点。本来の目的は、控制綿のナゼ?2での仮説 「琴皮は非対称に振動する」
b0098997_2352235.jpg
に合った琴窓のデザインと作製です。

とりあえず、こんな琴窓デザインしてみました。

上下非対称で、できるだけ、蘇州六角の特徴を殺さず、音を大きく。。。 
という つもりですが、果たして????
b0098997_23513897.jpg
・・・・・うーん、上下逆のほうがいいかな? 
by soukichi_uchida | 2010-01-19 23:57 | 二胡うんちく | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://soukichi.exblog.jp/tb/12697957
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 鏡深 at 2010-01-21 20:11 x
余計かもしれませんが口をはさませていただきます。「琴皮は非対称に振動する」に関して、胡琴の仲間で琴碼を皮の中心に置く二胡は結構特殊なのかもしれません。他の胡琴は上1/3〜1/4に置きますよね。太鼓も中心を外して叩いた方がいい音がします(と教えられたけど実際の打撃楽の方法として正解かどうかは知らない)から、言うなれば「琴皮は非対称に振動させる」のが音色にとってベストなのかもしれません。二胡は控制綿があるので、あえて琴碼を中心に置くのかもしれない、という考え方には「なるほどな〜」と思いました。いや、勉強になります。鏡深は天気によって琴碼の位置をずらして音色を調整します。まあ、気分ですが。
それと、前のエントリーで琴碼が上下非対称という話がありましたが、沖縄三弦の琴碼は斜めに立つようにできている物があるみたいですね。もっとも、中国製の琴碼の事ですから単に精度が悪いだけかもしれません。鏡深はできるだけ垂直に立つようにヤスリをかけますけど。
Commented by soukichi_uchida at 2010-01-21 23:30
コメントありがとうございます。 たしかに板胡の駒は、中心よりはるか上においてますね。うーん、なるほど。二胡が駒を真ん中に置くのは、擦弦点とのからみもあるんでしょう。 真ん中にあるのは、控制綿でカバーしている。なるほど、です。 あと駒の非対称はバイオリンと二胡ブロさんのコメントからヒントを得ています。
<< ひとり突っ込み 究極の駒 試作 4(評価 ファ... >>