二胡の奏法・構造分析・改良・中国の琴行情報、広州・上海ネタなど
by Star Gate Erhu
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
タグ
カテゴリ
検索
究極の駒 大きさを考える 3 (正面2)

究極の駒 大きさを考える 2 (正面) で、弦の幅と、高さで、おおよその形が決まると書きました。
今回はこれをベースに形を考えてみます。 底面の幅は変化させてみます。

まず、高さ9mm、幅6mm とした場合、
全体の高さは10.3mm、底面の幅8.5mm となる。
b0098997_3203496.jpg
幅を少し広げると、こんな感じ。
b0098997_3204175.jpg
Rを付けてみる。
b0098997_320487.jpg
さらに底面を広げると
b0098997_3205510.jpg
 なんだか、エイリアンの卵みたいになってきた。 
これでも、駒としては、かなり小さな駒になる。 しかも、薄い。

ここまで来たら、ドンドン試作するしかないですね。
あとは材質。 固い⇒柔かい を考えて、2層か3層ししてみよう。
by soukichi_uchida | 2010-01-12 03:39 | 二胡うんちく | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://soukichi.exblog.jp/tb/12654508
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 琴窓作りに再挑戦 2 琴窓作りに再挑戦 >>