二胡の奏法・構造分析・改良・中国の琴行情報、広州・上海ネタなど
by Star Gate Erhu
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
タグ
カテゴリ
検索
究極の駒再び!6(駒を正面から考える)
側面の形に見通しがついたので、正面からの形を考えてみよう。

駒を正面から見た形に関連する分析としては、
1) ミゾの形: 横方向の力を縦に換えるためのV字
2) バイオリンの駒は振動している。(二胡に関しては?)
だった。

ミゾの形を工夫しても、琴皮に対して横方向の振動は、どうしても取りきれない。
そもそもミゾの加工は、弦の半径以下の精度が求められる事になってします。 
ミリ以下の加工ですな。。。 しかも木で、、そんな加工、わしにはでけへん!

ならば、やっぱり横方向の振動を使っている、バイオリンの駒の原理を活用するしかないんじゃないかと思えてきた。 つまり、駒を回転運動させる
b0098997_22141476.jpg
ミゾの形を工夫してこんな形を考えてみた。
b0098997_22282812.jpg
駒の内側、図中向かって右のミゾを鋭角にする事により、横方向の力を図の様に(赤矢印)反対側に向かわせる。 これにより駒に回転運動()を起こさせる。(ひょっとしたら、鋭角ではなく垂直でもいいのかもしれない)。
・・・・・・ 結局「ミゾ」の加工しとるじゃないかいっ!
b0098997_22492495.jpg


さらに、回転しやすくする為に、底面に少しRを付けてみたりする。

究極の駒「妄想」もここまで来ると極まっていましたねー。前の記事の側面の形と合わせて、3D化できそーな。。

次回へ続く。。
by soukichi_uchida | 2009-12-10 22:57 | 二胡うんちく | Trackback | Comments(3)
トラックバックURL : http://soukichi.exblog.jp/tb/12477046
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 二胡ぶろ at 2009-12-11 22:10 x
これは面白そうですね。やってみたいです。

形の他に、木の線維の方向についても気になっています。
通常駒の木の線維は、X軸方向に通っているようです。
しかし蛇皮に力を伝えるならばY軸方向に線維が通っていたほうがいいのではないかなあと思います。

駒の分析にばかりコメントしすみません m(_ _)m
駒の分析楽しみにしています。
Commented by 二胡ぶろ at 2009-12-13 02:53 x
二胡姫さんのミニチュア、失敗しました 技術の未熟さを思い知りました 後でレポしてみますね
Commented by soukichi_uchida at 2009-12-13 09:37
んー、そりゃ残念! あれは超困難ですよねー。 レポ楽しみにしてまーす。
<< 究極の駒再び!7 ( 形状案... 究極の駒再び!5(駒を側面から... >>