二胡の奏法・構造分析・改良・中国の琴行情報、広州・上海ネタなど
by Star Gate Erhu
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
タグ
カテゴリ
検索
究極の駒再び!5(駒を側面から考える2)
二胡ぶろさんのコメント
「駒を蛇皮の上方向にずらしてしまう力が働いてしまうから」が、ずーっと引っ掛かってました。
駒を頂点として、千斤側とフック側で弦に角度が付いているので、
b0098997_2128026.jpg
図中の赤矢印の力が駒にかかる。 この力が駒を琴皮に押さえつけている。 さらにこの力は、琴皮に垂直、水平の力に分ける事ができる。
b0098997_21305526.jpg
図中緑色の矢印が、二胡ぶろさんの言われる、「駒を上方向にずらす力」です。

こいつのせいで、弦から駒にかかる力が垂直でなく、斜めになってしまっている。 たぶん、弦の振動も同様に分散されてしまっているんだろう。 なんとかできないか?

ということで、こんな事考えてみました。 一番上の絵では、駒にかかる力(赤)は駒の底面の真ん中にはかかっていない。 これを真ん中にくるようにしてみる。  こんな感じ。
b0098997_21582838.jpg
左右を非対称にする。 うーん、いい感じ。 これならヤスリ一本でやれそう(^o^/

なんて考えてたら、、、これまたバイオリンじゃすでにやってる事でした。。
テールピース側(つまり駒から下)は 直角にしてる。。
b0098997_23114468.jpg
 くっそー、やっぱバイオリンにゃー勝てん。。
でも、私の妄想がこれで裏付けられた(?)事だし、まあいいか(^o^/
by soukichi_uchida | 2009-12-09 23:19 | 二胡うんちく | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://soukichi.exblog.jp/tb/12471661
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 二胡ぶろ at 2009-12-10 19:21 x
考察ありがとうございます。角度のついた弦がまっすぐになろうとする力が斜めに働くのですね。
やはり弦の力を駒底面の中心に向けたほうが良さそうだなと思いました。
二胡では駒がそうなっていないので駒の形の改善が必要そうですね。

案外一番力のかかる部分が頂点部分の幅の分だけ、
駒の中心より下なので駒の形をかえなくても力が中心に向いているかもしれません。
あるいは、駒の形はそのままで力が蛇皮の中心を向くように駒の位置を少しだけ下げるとか・・・。

さらに圧力を均等にしようと考えたえた場合、
Z軸から見た場合の駒底面から駒頂上までの高さは内弦より外弦のほうが高くなるべきなのかもしれません。
(外弦と内弦の張力差による駒への圧力を均等にするため)

圧力以外で他にも、運弓が(竿に当たらないよう)斜めに動くので、その力の方向を駒の中心に向けるような?
Z軸方向の駒の非対称差も考えられるのかなあ、なんて想像してみました。
Commented by soukichi_uchida at 2009-12-10 19:45
ね、このぐらいなら、駒ちょい削ってやれそうでしょ? とにかく、二胡ぶろさんのヒントのおかげて、「究極の駒」の形状に少し近づけたんじゃないかとワクワクしています。 
<< 究極の駒再び!6(駒を正面から... まとめサイトを作成 >>