二胡の奏法・構造分析・改良・中国の琴行情報、広州・上海ネタなど
by Star Gate Erhu
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
タグ
カテゴリ
検索
二胡の雑音の定義
「雑音」という言葉は、これを使う分野によって、意味が異なっている。

では、二胡の分野での「雑音」の意味はなんだろう?
ぶっちゃけ、「出て欲しくない音」である。

二胡での「出て欲しくない音」には2種類あると考えている。

◆1つは
 二胡のまろやかな音を打ち消す、楽器のどこかと共鳴して
 発生する気持ちの悪い音。 
b0098997_23374823.jpg
これらは、特定の周波数成分を持っている。 例えば、例の金属音。高音部で発生しやすい、ちょー高音のハーモニクス音(キーンってやつ)。開放弦Aを弾いた時の内弦の共鳴 等

◆もう一つは
周波数帯域全体に現れる、いわゆるノイズ(ピンクノイズと思われる)。
b0098997_2346962.jpg
私の様な、ヘタクソが高音部を弾くと、かすれた様な音になるのは、これが多い為だと思われる。
原因はよく解らないが、弓使いの悪さや、セッティングの悪さにおり、不規則なビビりなどが原因ではないかと思われる。
目的とする音の強度が強い音域(低音域)ではあまり気にならないが、二胡は、構造的に高音に行くにしたがって、音の大きさは小さくなる。相対的にノイズの強度が上がる(S/N比が悪くなる)。結果として目的とする音がノイ「ズにうずもれてしまい、ノイズ音が目立つこととなる。

※ここで、初心者の「ギギギ」豚殺音は、ここでは論外とする。。。(^_^;;

ということで、素人の独断ではあるが、「雑音」の定義と、いいかげんな要因を推定したところで、次の段階に進む。
by soukichi_uchida | 2009-11-26 00:03 | 二胡うんちく | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://soukichi.exblog.jp/tb/12390202
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 外弦のスペクトル分析(?) 琴窓の謎 1 >>