二胡の奏法・構造分析・改良・中国の琴行情報、広州・上海ネタなど
by Star Gate Erhu
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
タグ
カテゴリ
検索
我的二胡 組立キット ―2号
何年か前に、おわら風の盆ので胡弓の音を聞いて、その後、北京の天壇公園で、高胡を弾いてるじーちゃん達を見て、日本に帰ってきて、二胡が欲しくて欲しくてたまらなかった時。
二胡教室もやってる某楽器屋さんで、二胡っていくらぐらい?って聞いたら、十数万円~N十万円すると言われて(※文末に関連記事あり)、あきらめかけた時、これを見つけました。

そう、有名な ティンガ・ティンガ・ハウスさんの 民族楽器組立キット 「胡弓」
b0098997_25336.jpg
このころは、胡弓とか二胡とか高胡とか違いが判らなかった。。。
今思えば、こいつは 高胡に近い「胡琴」の組立キットなんですね。。
でも、こいつを組み立てて、構造を理解して、どうしたら音が鳴るのか?などいろいろ研究しました。こいつが、私の二胡の分析の原点です。

けっこういい音してて、楽器としてもちゃんと成り立ってます。
で、音程の微調整器具がないので、例の「あれ」をやってます。
b0098997_2123410.jpg
分の二胡をバラしてまで、楽器をいじくるのは、ちょっと という人。 二胡って楽器の構造とか原理を理解するには、いい教材です。 お勧めです。

※からの続き
-------------------------------------------------------------------
 今から思えば、ひでぇ話しです、全く二胡って楽器を知らない人間に、十数万 ~N十万円だとぉ! そう、あの楽器屋です、あのセンセイがらみの、45万円の二胡買わせる。。。
 その後、しばらくして、トーワ音楽工房さんに行って、「はじめてなんだけど、二胡欲しい」って言ったら、予算を聞かれて、「じゃあこの辺」って事で、数万円の初心者用二胡を出してくれた。(蘇州タイプの、なにげに木目がきれいな二胡でした) こういうのを「良心的な店」っていうんですな。 
その時、トーワさんの7000円とか9000円の二胡が人工の皮だってのも始めて知りました。でも、これはこれでいい音してます。(これも購入しましたが、現在近所の散髪屋さんに里子に出してます 我的二胡 蛇皮プリント -1号)
最近お店に顔出してないけど、トーワさん今でも愛してますよー(^o^/

----------------------------------------------------------------------
by soukichi_uchida | 2009-11-24 02:37 | 二胡よもやま話 | Trackback | Comments(1)
トラックバックURL : http://soukichi.exblog.jp/tb/12378869
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2009-11-24 04:54 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< 琴窓が 「ミリリッ」 と 外弦のノイズ(内弦との共鳴?) >>