二胡の奏法・構造分析・改良・中国の琴行情報、広州・上海ネタなど
by Star Gate Erhu
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
タグ
カテゴリ
検索
控制綿のナゼ?2

控制綿を入れる事により、琴皮の下半分の振動が抑えられている事は容易に想像がつく、 この下半分の、振動を抑える事が、いわゆる「雑音」の低減に効果があるのかどうかは検証を行う必要がある。

控制綿の有無での皮の振動の様子を想像してみよう。

●控制綿が無い場合は、
弦の縦振動が 駒 に伝わり、 駒を中心に同心円を描いて琴皮が振動する。
b0098997_22313589.jpg
b0098997_22322895.jpg

●控制綿がある場合は、
琴皮の下半分の振動が抑えられているため、駒を中心として、琴皮の上下が非対称で琴皮が振動する。
b0098997_23221332.jpg
b0098997_23222287.jpg
非対称さにより複雑な倍音が構成されると想像される。 新型二胡に上下非対称な物があるのは、これを意識しての事かもしれない。

以上から想像できるのは、
 控制綿無: シンプルな音(深みが無い)で、大きい
 控制綿有: 音に深みがあるが、音は小さくなる。
という事になる。
これは、いずれ実際に音を拾って、スペクトル分析を行って検証を行いたい。

でも、琴皮 と 控制綿 の関係を考えると、「雑音を低減する」という関係は見えてこない。これは、控制綿のナゼ?での仮設「控制綿は弦にだけあればいい」の裏付けになるかもしれない。

控制綿無の欠点とも言える「音がシンプル」は、駒を中心から、若干ずらすせば、解決できるかもしれない、、

うーん、妄想が膨らむだけです。。。 実験しなきゃ。。。
by soukichi_uchida | 2009-11-19 23:49 | 二胡うんちく | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://soukichi.exblog.jp/tb/12355066
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 二胡ぶろ at 2009-11-22 15:13 x
控制綿が雑音を除くためにあるならば、皮を綺麗に響かせるためには
弦だけに当たったほうがいいのではないかというのは以前からすごく感じていました。方法が思いつかず試せなかったのですが。倍音を複雑にするためという面もあるのですね。自分はフェルトを駒に当てず、皮にも弦にも軽く触れる程度にしています。計測できるなんて興味深いです。
Commented by soukichi_uchida at 2009-11-22 20:15
このテーマは駒と同じく奥が深そうです。。 でも 3 での実験のように得られた事もあります。 まだまだ研究はつづく、、です
<< Alan の二胡に!あれが~! 変わり種二胡シリーズ 3 (金... >>