二胡の奏法・構造分析・改良・中国の琴行情報、広州・上海ネタなど
by Star Gate Erhu
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
タグ
カテゴリ
検索
残念! 立川 吉祥菜館
もともと、吉祥寺にあったお店ですが、立川に 吉祥菜館 という、知る人ぞ知る中華料理店がありました。みせのオーナーのおっちゃんは、 日本人ですが、中国育ち(日本語も中国なまり)、奥さんは中国人で 元ピアノの先生だそうです。

料理は、北京系で、北京ダックが売りでした。
私は、そんな高級料理よりも、 メニューにないのに作ってもらった 「トマトと卵の炒め物」とか、「酸辣湯(サンラータン)」が好きでした。

料理のおいしさもさることながら、この店の最大のウリは、お客さん達の食事が一段落したころに始まる、おっちゃんの二胡と笛の演奏でした。(何人かの方がブログで紹介されてたりします)

このおっちゃんの二胡の演奏は口コミで広がり、知る人ぞ知るお店になっていたのでした。私も、会社の飲み会とかで、よく利用していました。

ある時、他のお客さんがいない時に、「おっちゃん、おれ二胡習ってんだ、弾かせて」といって、お店でおっちゃんと軽くセッションしたりしました。おっちゃんは、「二胡の仲間いるんなら、つれておいでよ。 みんな一緒に弾こう」と言ってくれてました。

ある時、予約をしようとお店に電話を入れたところ、おっちゃんが出てきて、体調を悪くして、お店を友人に譲ったとの事。 その後、後に出来たお店に行って、おっちゃんの消息を聞いてみたところ、北京に帰って(?)入院してるとの事でした。 元気になってまた「帰国?」してほしいですね。。

立川で、気軽に二胡を聞いたり、弾いたりできる所だったのに、とでも残念です。
by soukichi_uchida | 2009-11-15 19:31 | 二胡よもやま話 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://soukichi.exblog.jp/tb/12329703
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 控制綿のナゼ? 中国二胡屋(琴行)や博物館など... >>