二胡の奏法・構造分析・改良・中国の琴行情報、広州・上海ネタなど
by Star Gate Erhu
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
タグ
カテゴリ
検索
弓を大きく使うには、姿勢が重要!
姿勢をただせば、弓も大きくなる。運弓も正しくなる

よく二胡の教則本に書いてある、姿勢と楽器の構え方。 まずこれが基本ですね。
でも、だんだん姿勢が悪くなってきて、運弓も悪くなって、音まで悪くなる、なんて事ありますね。

よくあるパターン。
一生懸命、左手の指を見ながら弾いてる。琴筒と弓ばかり見ている。

自然とうつむき加減、背中がまるまり、肩が狭まってくる。 腋が閉まってくる。
琴棹は体に弾きつけられ、垂直になる。
右手の振りはだんだん小さくなる。
弓の角度も悪くなってくる。
⇒ 二胡の力学 「弓を一直線に移動させるメカニズム 3」 ダメダメパターンになる。
b0098997_22454053.jpg
これは、見るからにダメですね。

★ じゃあ、どーすればいいのか?

まず、左手ばっかり、必至で見ない!目はまっすぐ前を見る。

次は、かつて短期間ではあるが二胡を教わり、私の二胡うんちくに火をつけた山平ケンジ老師の「秘伝」、
胸骨の一番下に突起がある(ミゾオチのちょっと上)、これを 「グイっと」前に出す
b0098997_22523958.jpg
自然と背中がまっすぐになり、両脇も楽になる。 結果弓も大きく使えるようになります。 ※見た目も、立派な「二胡弾き」になれます。
簡単な事ですが、やってみてください。 「効果あり」です。
by soukichi_uchida | 2009-10-28 23:04 | 二胡うんちく | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://soukichi.exblog.jp/tb/12220238
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 最強の弱音器 弓の速度と音量の関係 >>